2014年8月24日日曜日

H26夏のワークショップ「ジュニアオーケストラ体験講座」第3日目


■8/24に、品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ主催のオーケストラ体験講座の最終日となる第三回目が五反田文化センターの第一スタジオで開催されました。

■最終日のスケジュールは下記の通りでした。

 13:30 ワークショップ開始
 13:40 合奏Ⅰ
 14:15 休憩(15分)
 14:30 合奏Ⅱ
 15:40 ミニコンサート
 15:50 閉会式

【合奏の様子】



みなドキドキで不安そうだった初回練習に比べるとずいぶん慣れてきて、和やかな雰囲気での合奏となりました。


休憩時間もトロンボーンは、寸暇を惜しんでパート練習をしていました。


 この日は、パーカッションの演奏サポーターのドラムセットも加わって、より華やかな演奏となりました。


休憩時間の様子



 低弦セクションは、残念ながら最終日は一人欠席となってしまいましたが、その分も皆で頑張っていました。
演奏の合間に、長田先生からより音楽を表現しやすくするコツや、イメージの仕方などのお話があり、これがまた子どもたちの心に響いたようです。

【トレーナー・演奏サポーターによるソロ演奏】

休憩の前後に、トレーナーの先生によるソロ演奏が披露されました。
フルートトレーナーの篠原先生は、ソロでバッハの管弦楽組曲から2曲演奏しました。
圧倒的な表現に子どもたちが惹きこまれる素晴らしい演奏に、大喝采でのアンコールとなり、春の海も演奏していただきました。
 バッハとがらりと雰囲気を変えた抒情的な歌い方がまた素晴らしかったです。


バイオリンのトレーナーの先生がこの日は参加できず、演奏サポーターの山内さんに急遽お願いして、モンティの「チャルダッシュ」を演奏していただきました。ピアノ伴奏はSJPO事務局長の中谷さんが務められ、情熱的なデュオを披露していただきました。

【集大成のミニコンサート】


この日コンマスを務めたのはO橋君。チューニングも最初は緊張していたのですが、休憩後には取材のテレビカメラがアップで撮影しているにも関わらず堂々としたものでした。



いよいよミニコンサートの開演です。
保護者や行政関係の見学者の方々の前で、演奏会の本番と同じようにチューニングから立ち座りまで行い、緊張感と演奏できる楽しさがメンバーに漲りました。




ソロのところは代わるがわるスタンドプレイがあり、これが聴いている側に、演奏だけでなく視覚的にも曲の楽しさを伝えることとなりました。


 ミニコンサートは大成功で、終演後は大きな拍手に包まれました。拍手を受けながら、演奏をやりきった子どもたちの誇らしげな顔が印象的でした。

 子どもたちの感想は、
「こんなに楽しいワークショップが終わってしまってさみしい」
「ぜひまたオーケストラで演奏したい」
「本番はドキドキしましたけど楽しかったです」
「自分の楽器と違う楽器の音に包まれて感動した」
など本当に思い出に残る充実したイベントだったようです。

この感動を胸にぜひまたオーケストラを楽しんでいってほしいと思います。


【指揮者・トレーナー・スタッフ・演奏サポーターで記念撮影】



0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。