2020年2月16日日曜日

6期第19回練習「演奏会前最後のパート練習」

◆2月16日(日)に立会小でSJPOの第6期第19回練習が行われました。
最初のミーティングでは、中谷団長より演奏会は聞いてくださるお客さまに聴いてもらうことを意識すること、そのために一人でも多くのお客様を呼ぶ必要があり、宣伝活動は非常に大事なことであることなどの話がありました。

SJPOの定期演奏会のパンフレットは、品川区や品川区教育委員会、品川区小P連などの後援をいただいて、品川区内の全区立小学校に配布させていただけることになっていますが、ちょうどこの日は、その18,000枚ものパンフレットを学校の枚数ごとに仕分けして発送する作業があり、この日はそれらを保護者の方々が集まって仕分けから発送までやっていただくことになっていました。そうしたことも本来は団員の皆がやるべきことを保護者の方々にやっていただくので、きちんと感謝の気持ちをもってお礼を伝えることなどが話されました。
♪♪♪♪♪♪

◆【第6期第19回練習】
 ◯日時:2020年2月16日(日) 9:15-12:00
 ◯場所:品川区立立会小学校音楽室他
 ◯曲目
 ・J.S.バッハ:「主よ、人の望みの喜びよ」
 ・ドヴォルザーク:交響曲第8番第2楽章・第4楽章
 〇指導:Fl栗原先生/Tp香田先生/Tb若田先生/Pr大里先生/Vn橋本先生
 ○サポーター
  Vn阿部さん・中谷美さん、Va石野さん Vc森岡さん、Cb山越さん、Hr中谷克さん、Tb益子さん
 〇スケジュール
  09:15-09:30 集合/セッティング/準備
  09:30-09:40 諸連絡
  09:45-11:55 パート練習/分奏
♪♪♪♪♪♪

◆通常は長田先生のいらっしゃらに自主練習は、前半が分奏やパート練習、後半はオーケストラ講座と合奏という構成なのですが、本番が近く曲も盛りだくさんで演奏会前最後の自主練習ということで、全コマパート練習や分奏という練習となりました。

弦楽器は、前半がドヴォルザークのアドヴァンスとベーシックに分かれての分奏とパートと練習、後半が全体弦分奏となりました。
【Aチーム中高弦分奏(指導:橋本先生)】
【Bチーム3rdVnパート練習(指導:根井さん・中谷(美)さん)】
【Bチーム2ndVnパート練習(指導:阿部さん)】
【低弦分奏(指導:森岡さん)】

◆後半は橋本先生の指導で、全体弦分奏となりました。
団員も増えてきたので教室ではかなり手狭に感じられるほどですね。

♪♪♪♪♪♪
◆管打楽器は、金管と打楽器がパート練習、木管は栗原先生の分奏でした。

【木管分奏(指導:栗原先生)】
【トランペットパート練習(指導:香田先生)】
【トロンボーンパート練習(指導:若田先生)】
【ホルンパート練習(指導:中谷団長)】
【打楽器パート練習(指導:大里先生)】
♪♪♪♪♪♪

◆どこのパートやセクションもかなり細かく密度の濃い練習となり、本番に向けてかなり手ごたえもあったようです。
一方で団員にも指導陣にもインフルや風邪で急遽欠席の人も何人もいて、体調管理の大切さと、もし本番だったらという怖さも改めて実感させられました。

次回練習は3月1日(日)で、あと本番まで3回の合奏しかありません。パート練習などでやったことを個人練習に生かして、次回の合奏に臨みましょう。

2020年2月2日日曜日

6期第18回練習「2020年初の長田先生の合奏」

◆2月2日(日)に品川区立立会小学校にて、SJPOの第6期第18回練習が行われました。


♪♪♪♪♪♪

◆【第6期第18回練習】
 ◯日時:2020年2月2日(日) 9:15-12:00
 ◯場所:品川区立立会小学校音楽室
 ◯曲目
 ・ドヴォルザーク:交響曲第8番第1楽章・4楽章
 ・パッヘルベル;カノンニ長調
 〇指導:長田先生[指揮]
     Fl栗原先生/Tp香田先生//Vn山中先生/Vc丹羽先生
 〇サポーター
  Ob北條さん、Fg米山さん、Hr中谷克さん、Tb益子さん、Pr松尾さん
  Vn山内さん・永徳さん・中谷美さん、Va根井さん、Vc森岡さん、Cb山越さん

 〇スケジュール
  09:15-09:30 集合/セッティング/準備
  09:30-09:40 諸連絡
  09:45-10:35 管打分奏[長田先生]
          弦パート練習/分奏[山中先生・丹羽先生]
  10:50-11:55 合奏[長田先生]カノン→ドヴォルザーク

♪♪♪♪♪♪
◆前半は、管打楽器は長田先生の指導で、カノンとドヴォルザーク交響曲第8番の管打分奏でした。特に拍感を正確に共有するために呼吸の仕方や数え方なども意識した上でのきめ細かい分奏となりました。

◆弦楽器は、中高弦と低弦に分かれての練習となりました。
中高弦は、さらにAグループ(Advanced:中級)とBグループ(Basic:初級)に分かれての練習です。
Aグループは山中先生の指導で、主にドヴォルザークの中高弦分奏でした。
本番まで間がないこと、昨年ドヴォルザークの1楽章は経験しているメンバーが比較的多いことから山中先生の要求も高いレベルで緊張のある分奏となりました。
【Aグループ中高弦分奏(指導:山中先生)】

◆Bグループはパートごとに分かれて、永徳さん、山内さん、中谷美音さんの指導での練習となりました。
 永徳さんと山内さんは常連のサポーターとしてずっとご指導いただいていますが、中谷(美)さんは前々回まではトランペットのサポーターでしたが、前回からはヴァイオリンのサポーターをしていただいているという異色の二刀流サポーターです。
【Bグループ3rdヴァイオリンパート練習(指導:永徳さん)】
【Bグループ2ndヴァイオリンパート練習(指導:山内さん)】
【Bグループ カノンメンバー練習(指導:中谷(美)さん)】

 ◆低弦は、Aグループが丹羽先生の指導でコントラバスのサポーターの山越さんも加わっての低弦分奏、Bグループは森岡さんのチェロパート練習でした。
【Aグループ低弦分奏(指導:丹羽先生/山越さん)】
【Bグループチェロパート練習(指導:森岡さん)】

 ♪♪♪♪♪♪

◆休憩をはさんで、後半は長田先生の合奏となりました。
パッヘルベルのカノンはもともと弦楽器のための曲ですが、2年前に木内涼先生がSJPO用にフルオーケストラアレンジをしていただいたSJPO管弦楽版として演奏します。 

 ◆続いてドヴォルザークの合奏でした。事前に団員に伝わっていた予定では1楽章中心で、最後に4楽章を通す程度とのことだったのですが、合奏はいきなり4楽章から始めてみっちりと細かい練習となり、その後1楽章の合奏となりました。
 1楽章の練習に時間を割いていて4楽章をあまりきちんとさらってきていなかった団員も見受けられ、そんな雰囲気に言葉を使わず喝を入れられ団員たちも本気で練習してこないとヤバい!という雰囲気になったと思います。

♪♪♪♪♪♪

◆次回の2/16の分奏中心の練習の次は、もう3月の練習となります。交響曲も全楽章ありますし、花のワルツやシンコペイテッドクロックなどもきちんとさらっておかなければなりません。本番まで1カ月半余りですが練習回数はいくらもありませんので、しっかり個人練習をすることと、曲を聴いたりスコアや楽譜を見直して勉強して、本番では自分たちのもてるものすべてを出し切れるように頑張りましょう。

♪♪♪♪♪♪

◆この日はフルートの入団希望で体験見学の人が来られていて、さっそく合奏にも参加していただきました。そして練習終了後にはオーディションが行われました。

SJPOでは昨年の前期まではオーディションを行ってこなかったのですが、後期の中途入団者からオーディションを行うことになり、弦楽器は数人オーディションを行ってはいたのですが、管楽器でのオーディションは今回が初めてとなりました。
今回の受験者はフルートの中1女子でしたが、緊張感の漂う中、きちんと演奏された上、質問などにもはきはきと自分の言葉で答えられていて感心させられました。結果は合格となり、また一人SJPOの仲間が増えたのでした。


2020年1月27日月曜日

運営委員会の舞台裏

【第6期第5回運営委員会】
◆1月27日(月)夜に、今期(2019.4月-2020.3月)の第5回の運営委員会が開かれました。
そこで少し裏方の運営関係を紹介したいと思います。

◆ジュニアオーケストラの運営は、大人のアマオケの何倍も手間や気配り、様々な交渉や取り決めが必要になります。SJPOは団員50名に対して、運営委員と呼ばれるスタッフは現在わずか4名の少数精鋭(!?)で運営されています。

◆年間行事としては、品川区の委託事業として夏休みに5日間で開催される「ジュニアオーケストラ講座」、秋の室内楽演奏会、冬の品川第9イベントへの出演、そして3月の定期演奏会と大きな行事の準備や運営をしつつ、年間25回ほどの練習の準備や運営をしています。

◆それに伴い練習場所や本番会場の確保や指導陣の手配、団員への連絡、練習計画の作成、膨大な事務作業などがあるので、打ち合わせなどもさぞや多いかと思われるかもしれませんが、スタッフは全員仕事も家庭も持ちながらの運営ということもあり、実際に会って話し合いをするのは、年間5-6回のみとなっています。

◆ただしあくまでも顔を合わせての打ち合わせが年数回というだけで、スタッフのグループチャット、各セクションごとの指導陣グルチャ、団員や指導陣の出欠管理サイト、練習内容などのフィードハックの掲示板、Facebookのグループサイト、LINEやメッセンジャーは用途に応じてフル活用されていて、効率的な運営を実現しています。

◆4名のスタッフでの運営委員会も仕事が終わってから、会議場所のきゅりあん閉館時間までの2時間を最大限効率的に使うため、アジェンダ(=議題)もあらかじめグルチャ(=グループチャット)で共有され、ある程度の下情報はそこで整理しておいて皆が問題点や決めるべき内容を理解した上で会議に臨むためかなりのボリュームのアジェンダが、着々限られた短時間で決定されていきます。

◆この日のアジェンダは、下記の
・定演までの練習計画と練習内容、指導陣のローテーション
・定演当日のスケジュールと役割分担、タスク管理
・定演までのタスク整理、問題点や懸念事項、ToDo洗い出し
・来期の運営体制と年間スケジュール、運営方針の確認

などなど、A4×3ページにもなるものでしたが、各スタッフが会議の準備をきちんとして会議に臨むこと、資料を共有しながら会議のお手本のような(笑)進行により、約2時間の制限時価で予定していたアジェンダをほぼクリアすることができました。

◆職場や教育機関、その他グループなどあらゆるところでなんらかの会議が持たれますが、ともすれば不十分な準備と、会議運営のスキルがなかったりすると、いたずらに時間を消費することになりますが、準備と運営の仕方を工夫するだけで、密度の濃い効率的な会議が実現しています。

もっとも会議を終えてゴールではなく、むしろここからがスタートですので、スタッフはもちろんのこと、指導陣の皆様や保護者の方々と密にコミュニケーションをとりつつ、質の高い音楽を実現できるように、スムーズに、そして団員はもちろん、関係者皆がやりがいをもって楽しんで運営できるようにしていきたいと思います。

◆SJPOも結成されてからまだ6年目とジュニアオーケストラとしてはまだ駆け出しレベルです。より質の高い運営のために、ぜひ他のジュニアオーケストラや音楽団体の関係者の方々とも情報交換やノウハウの共有をしていかれたらと思いますので、コメントでもメッセージでもお気軽にお寄せください。

2020年1月19日日曜日

6期第17回練習「カノンをスコアを見ながら理解しよう」

◆1月19日(日)に今年初練習となるSJPOの第6期第17回練習が、品川区立立会小学校で行われ、前半はパートやセクションに分かれての練習で、後半はオーケストラ講座と合奏となりました。

♪♪♪♪♪♪
【第6期第17回練習】
 ◯日時:2020年1月19日(日) 9:15-12:00
 ◯場所:品川区立立会小学校音楽室
 ◯曲目
 ・ドヴォルザーク:交響曲第8番第1楽章
 ・パッヘルベル;カノンニ長調
 〇指導:Fl栗原先生/Tp香田先生/Tb若田先生/Pr大里先生
     Vn橋本先生/Vn山中先生/Vc丹羽先生
 〇サポーター
  Ob北條さん、Cl横田さん、Fg米山さん、Hr中谷克さん、Tb益子さん、Pr松尾さん
  Vn山内さん・中谷美さん、Vc森岡さん、Cb山越さん
 〇スケジュール
  09:15-09:30 集合/セッティング/準備
  09:30-09:40 諸連絡
  09:45-10:55 パート練習/分奏(カノン/ドヴォ8:1楽章)
  11:10-11:25 オーケストラ講座「カノンとは」
  11:25-11:55 合奏(ドヴォ1楽章/カノン)

♪♪♪♪♪♪

◆この日は、新曲でドヴォルザークの交響曲第8番第1楽章と、パッヘルベルのカノンの練習となりました。 弦楽器は中級者は弦分奏、初級者はパート練習となりました。

木管分奏【指導:栗原先生】

トランペットパート練習【指導:香田先生】

ホルンパート練習【指導:中谷団長】

トロンボーンパート練習【指導:若田先生】

打楽器パート練習【指導:大里先生・松尾さん】

3rdヴァイオリン(初級)パート練習【指導:山中先生】

2ndヴァイオリン(初級)パート練習【指導:山内さん】

チェロ(初級)パート練習【指導:森岡さん】

弦分奏【指導:丹羽先生・橋本先生・中谷美さん・山越さん】

♪♪♪♪♪♪

 ◆休憩をはさんで後半は今年最初の中谷団長によるオーケストラ講座でした。
この日のテーマは「カノンを理解しよう!」でした。

最初にカノンの定義と輪唱もカノンの一種であることの説明があり、子供たちから例が出た「かえるの歌」を実際に歌ってみた後、全員がそれぞれパッヘルベルのカノンのスコアを見ながら、どの楽器に主題が出てきてどのパートに受け継がれていくのかを確認していきました。その際にスコアの読み方としてスコア上の楽器の表記順と、トランペットやクラリネット(inB)、ホルン(inF)などの移調楽器の記譜についても学びました。

演奏だけではなく、こうした楽典やスコアの読み方から、楽器や楽譜の特性など総合的にオーケストラを学んでいかれるのが、他とは違うSJPOの大きな特長といえるでしょう。

◆講座の後は中谷団長の指揮で合奏となりました。カノンはスコアを見ながらメロディパートや自分のパートの役割を確認したこともあってか、主題の移り変わりを意識して演奏していることが伝わってきました。

◆ドヴォルザークの1楽章は、昨年も課題曲として取り上げていますが、今期入団した人は初めてですし、昨年やったはずの団員たちも忘れているところも多く、最初はテンポの変わり目などもとまどいがちでしたが、少しずつ思い出してきて慣れてきたようです。

次回は長田先生の合奏となりますので、今日のパートやセクションごとに細かく練習した成果を生かして、自宅練習もしっかり積んで次回合奏に臨みましょう。

♪♪♪♪♪♪

◆練習終了後、第9イベントまでの仮入団だったメンバー(小2:ヴァイオリン)のオーディションが行われました。9月の仮入団の際のオーディションの時とは別人のような上達ぶりに、今までしっかり練習してきたことが十分伝わってきたことは、審査にあたった先生方にとってもうれしく感じられたようです。

1)スケール、2)課題曲演奏(SJPO曲)、3)自由曲演奏(現在個人レッスンで習っている曲)、4)質疑応答という内容のオーディションでしたが、大人でも緊張する雰囲気の中、しっかり演奏してきちんと受け答えできたのも立派で、終了後の先生方の打ち合わせで無事合格となりました。次回からSJPOの正式団員として一緒に頑張っていきましょう。 

2020年1月3日金曜日

[WEB-SJPO]が11万アクセスを達成しました

◆恒例の品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ(SJPO)のホームページ[WEB-SJPO]の10,000アクセスごとのキリ番報告ですが、2020年新年早々の1月3日に110,000アクセスを達成しました!


♪♪♪♪♪♪



♪♪♪♪♪♪


2014年4月末にホームページを開設して以来5年9カ月となりますが、外部向けの活動告知などや、内部向けの情報充実を図りつつ、データベース型ホームページともいえるサイトとして発展してきたのが良い結果につながっていると思います。

ちなみに現団員約50名のうち、ホームページがきっかけで入団してきたメンバーが18人ということで1/3を超える確率でWEB経由で入団してきていることが、検索エンジンなどでもかかりやすくなってきている証とも言えます。

◆開設以来の10,000アクセスごとの切り番は下記の通りです。

   2014年04月28日・・・ホームページ開設
   2015年02月06日・・・ 10,000アクセス
   2015年10月23日・・・ 20,000アクセス
   2016年09月09日・・・ 30,000アクセス
   2017年04月04日・・・ 40,000アクセス
   2017年11月03日・・・ 50,000アクセス
   2018年05月07日・・・ 60,000アクセス
   2018年10月08日・・・ 70,000アクセス
   2019年02月11日・・・ 80,000アクセス
   2019年06月10日・・・ 90,000アクセス
   2019年08月31日・・・100,000アクセス
   2020年01月03日・・・110,000アクセス

今後とも、SJPOの活動へのご支援のほど、よろしくお願いいたします。

【品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ(SJPO)のホームページへ】

2019年12月22日日曜日

第13回第9を歌おうinきゅりあん本番

◆12月22日(日)にきゅりあん大ホールで開催された「第13回第9を歌おうinきゅりあん」にSJPOが出演しました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪



【第13回第9を歌おうinきゅりあん】

 〇日 時:2019年12月22日(日) 14:00開演(13:30開場)
 〇場 所:きゅりあん大ホール
 〇指 揮:長田 雅人
 〇演 目:L.V.ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調作品125「合唱付き」より
       第4楽章 [品川第9オケ]
      P.チャイコフスキー:「くるみ割り人形」より「花のワルツ」 [SJPO] 
      L.アンダーソン:シンコペイテッド・クロック[SJPO] 他

 〇独 唱:清水菜穂子(ソプラノ)  三津山和代(メゾソプラノ) 
      高野 二郎(テノール)  福山  出(バリトン)
 〇演 奏:品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ{SJPO]
     :品川第9オーケストラ / エレクトーン:橘 光一
     :日本音楽高等学校

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

◆10時過ぎにはチラシの挟み込み希望団体が集まり、演奏会前の風物詩ともいえる流れ作業での挟み込み作業が始まりました。

♪♪♪♪♪♪

◆ステージリハーサルはプログラム逆順で行われたため、イベントのオープニングを飾るSJPOのリハは、12時半過ぎからとなりました。本番と同じ緊張感と集中力を見せた良いリハとなりました。長田先生も手ごたえが十分あったようで、本番が楽しみとのことでした。

 ◆SJPOはで出番が最初で、リハが開場直前のため、本番衣装でのドレスリハーサルとなり、リハ後には記念撮影が行われました。リハを終えて少し緊張がほぐれてきたことと、本番を楽しみにする気持ちとで、皆良い表情をしていました。

◆また舞台転換の間の団員インタビューの簡単なリハも行われましたが、代表の二人ははきはきと受け答えをしていました。

♪♪♪♪♪♪

◆リハの感じから本番は非常に期待が持てるものでしたが、実際の出来はそんな予想もはるかに上回る皆の熱意と集中力から紡ぎだされた素晴らしい演奏を披露することができました。
終演後それぞれのパートで写真を撮りましたが、どのメンバーも全力を出し切って存分に練習の成果を発揮できた満足げな表情でした。
【トランペットパート】
【ホルンパート】
【トロンボーンパート】
【クラリネットパート】
【オーボエとファゴットのダブルリードセクション】
【パーカッションパート】
【ヴァイオリンパート】
【ヴィオラパート】
【チェロパート】
【コントラバスパートはいつも賛助で出演してくださるお二方】
♪♪♪♪♪♪ 

 ◆SJPOのメンバーは、自分たちの出番が終わると、客席で鑑賞して全体合唱の「花が咲く」では合唱で参加をしました。そしてメインの第9では、いつも指導してくださっている先生方の素晴らしい演奏に、ステージにくぎ付けとなっていました。

◆一方で、N団長は昨年に引き続きケーブルテレビ品川のスイッチャーサポートとして、スコアと首っ引きで、楽器や合唱をフォローする5台のカメラ割りの指示出しをされていました。

♪♪♪♪♪♪ 

◆そしてエレクトーンと小編成弦楽オーケストラ伴奏による第9の演奏も少人数とは思えない迫力のある演奏で、マエストロ長田氏の音楽とエネルギーほとばしる合唱団と見事に一体となった圧巻のパフォーマンスに、会場は割れんばかりの拍手に包まれました。
本当に素晴らしい演奏をありがとうございました&お疲れさまでした

◆この日のイベントに駆け付けた品川区を代表するゆるキャラの「しながわん」と「大崎一番太郎」は子供たちに大人気で、記念撮影の希望者が後を絶ちませんでした。写真は「大崎一番太郎」と一緒の一枚です。

♪♪♪♪♪♪

◆終演後に団員たちは控室に集まり、終わりのミーティングを行い、今日の感想を一言ずつ話してもらいました。SJPOでは、折に触れて団員たちにスピーチをしてもらう機会を設けています。

この日は、氏名・パートの後に[①今日の本番に向けて頑張ったこととその結果どうだったか]、[②3月の定期演奏会に向けての抱負]をそれぞれ話しました。

人前できちんと話すこと、そしてそれらの話をきちんと聞くことは当たり前のようでいて、どちらもなかなかきちんとするのが難しいことで、かつ非常に重要なことでもあります。しかし何度も続けていくと、小2の団員でもきちんと皆に聞こえるように話せるようになってきますし、そして静かに全員で聞くことができてくるようになります。こうしたところも年代が幅広くそして集団行動を常に意識し続けている賜物ですね。

◆つかの間の年末年始の休みをはさんで三学期が始まると、すぐに3月末の定期演奏会に向けて本格的に練習が始まります。定演では今回の2曲の他、ドヴォルザークの交響曲第8番全楽章と、初級者課題曲として、パッヘルベルのカノン(SJPO管弦楽版)を演奏するので曲も増え、集中して練習に臨まないとあっという間に本番となってしまいます。

今日の本番の余韻にひたりつつ、定期演奏会はさらに楽しくもう一段高いレベルの音楽を目指して練習を重ねていきましょう。

2019年は大きな事故や怪我もなく、順調に上達し続けてこられた本当に良い一年でした。
来年もSJPO関係者のみなさまにとって、健康で幸多く、極上の音楽に包まれた一年になることを祈念いたしております。

2020年もよろしくお願いいたします。