2020年11月1日日曜日

7期第12回練習[ 第2回室内楽演奏会の会場確定! ]

◆11月1日(日)にSJPO第12回練習が行われました。

この日も前回に引き続き、品川区立荏原平塚学園にて室内楽中心の練習となりました。この日は試験や行事で欠席者がやや多かったのですが、その分、少人数で密度の濃い練習となりました。

本日の練習スケジュール


文化センターなどの公的施設と違い、学校をお借りしての練習の一番のメリットは、練習場所が多く確保できることです。特に今回は室内楽の各グループに分かれての練習でしたので、部屋数を確保できるのは本当にありがたいです。

◆前半はパート練習や室内楽練習でした。

 金打セクションはこの日久しぶりにトロンボーントレーナーの若田先生がいらしたこともあり、最初の30分は各パートでパート練習となりました。

トランペットパート練習[香田先生]
ホルンパート練習(志村先生)
トロンボーンパート練習(若田先生)
打楽器パート練習(大里先生)

◆他のセクションは室内楽練習となり、金管もパート練習後に室内楽練習となりました。
前回までは本格的な室内楽の雰囲気にとまどっていたのが、だいぶ曲にも雰囲気に馴染んできたように思えます。どこのグループも手ごわい曲が並びますが各自個人練習をしっかりと積んで、練習も含めて室内楽の醍醐味を味わってほしいと思います。

〇多目的室4では、栗原先生と竹村先生の指導で木管アンサンブル「彼方の光」の練習でした。この曲は様々なアレンジが出ていますが、SJPOでは木管メンバーの編成に合わせて中谷団長が6重奏にアレンジされました。

木管アンサンブル「彼方の光」[栗原先生]

〇準備室1では、コマを3分割して、モーツァルトの室内楽の練習でした。
最初が栗原先生のご指導でフルート四重奏曲第3番、続いて小神野先生のご指導で弦楽四重奏曲「狩」、最後も小神野先生のご指導でモーツァルトのクラリネット五重奏のリハがみっちり行われました。

モーツァルト:フルート四重奏第3番ハ長調 [栗原先生]
モーツァルト弦楽四重奏曲

モーツァルト:クラリネット五重奏曲 [小神野先生]


◆そして音楽室では、弦楽アンサンブルのセントポール組曲の練習が、山岡先生の指導の下で行われました。

弦楽合奏:G.ホルスト「セントポール組曲」「栗原先生」

◆そしてパート練種を終えた金管も室内楽の練習コマとなりました。
金打ハープアンサンブル 高橋 宏樹「3つのわらべ歌」 (編曲:中谷克彦)

♪♪♪♪♪♪炉コンプ

◆休憩をはさんで後半は、中谷団長の代振りでの合奏となりました。

先月から取り組み始めたフィデリオ序曲ですが、合奏やその後の細かな分奏練習を経て、ベートーベンらしくなってきたところも多くみられました。



◆細かいところはまだまだですし、ベートーベンは楽譜がシンプルな分、ごまかしがきかず基礎技術の壁にあたり、なかなか先は長いですが、それぞれの技術に応じて、焦らずに着実に一歩一歩足元を固めつつ練習していきましょう。


◆12月13日の本番会場はも、この荏原平塚学園の多目的ホールをお借りできることがほぼ決まりました。五反田文化センターのスタジオより広く、保護者の方の参観も可能になりましたので、聞いていただくに値する演奏ができるように、真摯に曲に、そして演奏に取り組んでいきましょう。


【SJPOホームページへ】


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


【第7期第12回練習】 

◯日時:2020年11月1日(日) 8:50-12:00

◯場所:荏原平塚学園5階

◯曲目:

・各団体室内楽曲

・ベートーベン:フィデリオ序曲

・ヘンデル:ハレルヤコーラス

・ビゼー:カルメン組曲より

     

〇指導:Fl栗原先生 Tp香田先生 Tb若田先生

    Vn山中先生 Va小神野先生 Pr大里先生


〇サポーター(敬称略)

Ob稲垣 Cl野崎 Fg竹村 Hr須河・中谷 Tb益子 

Vn中島 Va石野 Vc森岡 Cb山越


〇スケジュール 

08:50-09:05 5F多目的ホール集合・セッティング・音出し

09:05-09:10 諸連絡

09:15-10:45 室内楽練習

 ◇音楽室[山中先生] :弦セントポール

 ◇準備室1[栗原先生/小神野先生]:弦4狩→クラ5→フル4 各25分

 ◇第5多目的[竹村先生→栗原先生]:木管彼方の光

 ◇ホール:金打[香田先生/若田先生/大里先生]

  09:10-9:45:パート練  09:50-10:40:室内楽わらべ歌

11:00-11:55 合奏(中谷団長)

 [フィデリオ→ハレルヤ→カルメン]

11:55-12:00 諸連絡

12:00-12:15 片付け・撤収

*12:10-12:25 オーディション(オーボエ)[栗原先生/稲垣先生]

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

2020年10月18日日曜日

7期第11回練習[本腰入れて室内楽練習]

◆10月18日(日)に品川区立荏原平塚学園にて、第11回練習が実施されました。今シーズンずっと使用していた五反田文化センターの広いスタジオが改装工事で使えなくなり、しばらくはこちらので練習となります。

◆前回まで取り組んできたフィデリオもひと段落して、この日の練習からは毎回半分以上の時間が12/13(日)に開催される室内楽演奏会に向けての強化練習としてスケジュールされていて、前半は各部屋に分かれての室内楽練習となりました。

香田先生指導の金打Hpアンサンブル
栗原先生の指導で、クラリネット五重奏の練習

◆室内楽演奏会は、昨年初めてクローズドで試験的に実施したのですが、団員たちが得られたものが非常に高かったこと、そして団員たちの強い要望があったこと、そして例年12月に出演していた品川区第9イベントが中止になったことで、今回は思い切って室内楽の練習に時間をかなり割いて本格的な曲にチャレンジすることになりました。

指揮者が細かく指示を出してくれたり、周りに隠れて(?)そっと演奏することもできてしまうオケと違って一人一人がより重要な役目を担う室内楽は、合わせまでの個人練習も相当なレベルが要求されます。

竹村先生・稲垣先生指導の木管アンサンブル
橋本先生指導の弦楽アンサンブル

◆この日は、まだ譜面にかじりついていておそるおそる音を出していたり、ということも多く見受けられましたが、練習が進むにつれ、少しずつ皆で演奏できる安心感と合わせる楽しさに目覚めていきつつあるようで、次回以降が楽しみです。

♪♪♪♪♪♪

◆休憩をはさんで後半は、中谷団長の合奏となりました。
前回、長田先生にみっちり鍛えられたフィデリオ序曲を中心とした合奏でしたが、長田先生やトレーナーやサポーターの先生方からの練習レポートとして団員にだされた練習課題を中心に細かく詰めていきました。



◆前回、フィデリオはみっちり長田先生にしごかれた(!)のと、先生方からの練習課題をきちんとさらってきた様子が伺える演奏でした。
細かいところはまだまだなれど、明らかに昨年よりも一回の練習で上達する度合いが上がっているように最近特に感じられるようになってきています。
自宅練習の成果も効果的に表れているようです。


◆弦楽合奏を除く室内楽はオケと違って、弦楽器奏者も一人が一パートを担当するので他の人に紛れるということができません。また今までは指揮者が指示を出すのに合わせて演奏していたのが、室内楽では自分たちで音楽を作らなければなりません。

大人でもなかなか難しいのですが、このアンサンブル力をきちんと身につけることで、オケが何倍にも楽しくなり、そして上達が速くなります。

ぜひこの室内楽練習が集中する機会にしっかり体得してオケ合奏にも生かしていきましょう。

♪♪♪♪♪♪

◆練習終了後も、弦楽四重奏の「狩」、木管アンサンブルの「彼方の光」のグループの室内楽練習と、打楽器レッスンがお昼をはさんで別コマで行われました。

朝からずっと練習にもかかわらず、子供たちの集中力はすばらしく、午前の練習よりも当然ながらさらに質の高い演奏ができるようになってきています。

この調子で練習を重ねて室内楽演奏会の本番を目指していきましょう。
山中先生・丹羽先生による、弦楽四重奏「狩」の練習。
栗原先生による木管アンサンブル「彼方の光」の練習
松尾先生による打楽器レッスン

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

◆室内楽演奏会の本番は、12月13日(日)11時45分開演で、荏原平塚学園多目的ホールでの開催となります。
 鑑賞者はすべて名簿登録して会場にお渡ししないといけないので、鑑賞希望者は完全事前予約制となります。

しっかり感染予防対策をしつつ、できる限りの練習を重ねて、ぜひ室内楽演奏会を成功させましょう。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

[2020.10.18(日)第7期第11回練習]

 ◯日時:2020年10月18日(日) 8:40-12:00
 ◯場所:荏原平塚学園
 ◯曲目:ベートーベン:フィデリオ序曲
     ヘンデル:ハレルヤコーラス
     ビゼー:カルメン組曲より
     室内楽曲
 〇指導:Tp香田先生 Fl栗原先生 Vn橋本先生・山中先生

 〇サポーター(敬称略)
  Ob稲垣 Cl大塚 Fg竹村 Hr菊地・中谷 Tb工藤/益子 Pr松尾
  Vn阿部/志村 Va石野 Vc森岡 Cb山越

 〇スケジュール (内訳は一部変更の可能有)
  08:40 集合
  08:50-09:05 セッティング・音出し・準備
  09:10-09:15 諸連絡
  09:20-10:45 室内楽練習
   [ホール] :(弦)セントポール組曲 (山中先生・橋本先生)
   [音楽室] :(金打ハープ:香田先生) わらべ歌
   [多目的4] :(木):竹村先生/栗原先生 彼方の光
   [多目的5] :クラ5 栗原先生(40分)/(弦)狩 (40分)
  11:00-11:55 合奏(中谷)[フィデリオ→ハレルヤ→(カルメン)]
  11:55-12:00 諸連絡
  12:00-12:15 片付け・撤収 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


2020年9月22日火曜日

7期第10回練習[フィデリオ攻略にむけて]

 ◆9月20日(日)に五反田文化センターにて、SJPO第7期第10回の練習が行われました。

SJPOの特徴の一つに練習計画のきめ細かさというのがあります。ある程度の中長期の練習予定が共有されている中、音楽監督の長田先生との密なコミュニケーションで先生がいらっしゃらないときも含めて、トレーナーやサポーターの指導陣の練習レポートをもとに次回の練習内容も適宜修正されて中長期の予定にも反映されていきます。また分奏内容も練習前に事前に重要ポイントが共有されているので、同じ練習回数で最大限の効果を上げられるような練習内容となっています。

前回と今回と長田先生がいらっしゃる中で、分奏と合奏が最大限の効果があげられるように2回分を通した練習計画が指導陣で共有されていて、さらに団員たちにも練習ポイントが毎回指導陣から提示されるというシステムが定着してきています。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

◆前半は、弦楽器は長田先生の分奏、管打楽器は分奏と室内楽の練習でした。管打楽器は金打は前半中谷団長のフィデリオ分奏と後半が香田先生の室内楽練習、木管は前半は竹村先生の室内楽練習と後半が中谷団長のフィデリオ分奏となりました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

◆休憩をはさんだ後半は、長田先生の合奏です。前回の初合奏の結果をもとに各パートの指導陣から練習ポイントが提示されていたこともあり、フィデリオは手ごわいながらも前回よりは一歩も二歩も進んできたようです。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

◆練習終了後、12月の室内楽演奏会に向けて、モーツァルトのフルート四重奏と同じくモーツァルトのクラリネット5重奏のキックオフミーティングがありました。同じ団員でありながら管楽器と弦楽器の団員同士の交流する時間はあまり多くないので今回の室内楽の練習を通じて、さらに交流を深めていってほしいと思います。

◆次回から2回はまた自主練習となり、室内楽の練習も本格化してきます。オーケストラ曲もあって大変ですが、やると決めた以上、どちらも全力で取り組んでほしいと思います。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

【第7期第10回練習】 

 ◯日時:2020年9月20日(日) 8:40-12:00

 ◯場所:五反田文化センター 第1・第2・第3・第5スタジオ)

 ◯曲目:ベートーベン:フィデリオ序曲

     ヘンデル:ハレルヤコーラス

     ビゼー:カルメン組曲より

 〇指導:長田先生

  Tp香田先生 Vn橋本先生・山中先生 Va小神野先生


 〇サポーター(敬称略)

  Ob尾崎 Cl大塚 Fg竹村 Hr工藤・中谷 Tb工藤 

  Vn阿部/志村 Va石野 Vc森岡 Cb山越


 〇スケジュール (内訳は一部変更の可能有)

  08:40 集合

  08:50-09:05 セッティング・音出し・準備

  09:10-09:15 諸連絡

  09:20-09:45 分奏

   弦楽:弦分奏(フィデリオ)[長田先生]

   金打:金打分奏(フィデリオ)[中谷団長]

   木管:室内楽練習[竹村先生]

  09:50-10:15 分奏

   弦楽:弦分奏(フィデリオ)[長田先生]

   金打:室内楽練習[香田先生]

   木管:木管分奏(フィデリオ)[中谷団長]

  10:25-11:45 合奏[フィデリオ→ハレルヤ→(カルメン)]

  11:45-12:00 諸連絡・撤収 

【 WEB-SJPOへ 】