2016年2月28日日曜日

H27第20回練習 [いよいよラストスパート]

◆2/28(日)に品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラSJPO第2期の第20回練習が行われました。この日は音楽監督の長田先生、弦トレーナーの橋本先生を招いての練習でした。

◆スケジュール
09:45-09:55 諸連絡
09:55-10:25 分奏1
 ・弦分奏  [長田先生]:劇場支配人
 ・金管分奏[中谷さん]:ジェルヴェイズ「ラ・ヴォロンテ」
 ・木管分奏[加藤さん]:フィアラ「ロンド」
10:35-11:15 分奏2
 ・弦合奏  [長田先生]:アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク1st.3rd mov.
 ・管打分奏[中谷さん]:ハンガリー舞曲第六番
11:25-12:00 合奏[長田先生]:劇場支配人、ハンガリー舞曲第1番、第六番6番

◆前半はセクション練習でした。弦楽器は長田先生の合奏でした。トレーナーの橋本先生が、適宜実際に弾いてお手本をみせてくださることで、子供たちもよりイメージしやすくなります。



◆管楽器はセクション練習の前半は、金管と木管に分かれて定期演奏会でのアンサンブルの練習です。今回のアンサンブルは大人のサポーターは入らず、純粋に団員だけで演奏するため皆ドキドキものです。

♪♪♪

◆休憩時間は合奏の真面目な緊張感みなぎる雰囲気とがらりと変わって皆で話せる至福の時間。長田先生のところに団員が集まって話が弾みます。

♪♪♪

◆セクション練習の後半の管打楽器は、中谷さんの指導でハンガリー舞曲第一番、第六番、そして劇場支配人の管打分奏でした。SCYO交流会まで一ヶ月を切り、長田先生の合奏前に細かいところまで確認しながらの練習でした。

♪♪♪ 

◆休憩後は長田先生の全体合奏です。今日からはSCYO交流会、そして定期演奏会に向けての仕上げの時期に入るので、熱の入り方も違ってきます。
 
 

◆4月の定期演奏会の後半は、全員暗譜での演奏となるので、音符だけではなく細かいニュアンスなどもしっかり頭に入れた上で演奏しなければなりません。大変ですが、実際に演奏してみると子供たちより、大人の演奏サポーターの方が楽譜を覚えるのは大変だったりします。 
 

 ◆密度の濃い2時間半近くがあっという間に過ぎました。次回練習の後はオーストラリアから来日するSCYO(サンシャインコーストユースオーケストラ)との交流演奏会の本番となります。効率的でかつ密度の濃い練習をすることで、少ない練習回数で最大限の成果を上げることを目指していますが、後は子供たちの努力と成長に期待しています。

◆後片付けや黒板清掃なども団員たちで手分けして行っていますが、みな楽しそうで働いているのか遊んでいるのか・・・。
次回練習も頑張りましょう。




0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。