2015年8月2日日曜日

H27夏のワークショップ「オーケストラ体験講座」第三日目

■8月2日(日)に五反田文化センターにて、品川区主催の区民プロデュース型講座「第三回少年少女のためのオーケストラ体験講座」の第三日目が開催されました。

今年は「親子で学ぶオーケストラ講座」ということで、親子受講のオーケストラ講座や、ゲスト演奏家を招いたコーナーも含め全5回と規模を大きくしての開催です。

■第三日目スケジュール
  13:30-13:40 諸連絡
  13:40-14:40 合奏(ビゼー)
  14:40-14:50 休憩
  14:50-15:30 講座:「人前で演奏することとは」
           ゲストトレーナー:三上亮(バイオリン)、丸山泰雄(チェロ)
  15:30-16:00 合奏(ブラームス)

■三日目のこの日は、ゲストトレーナーとして、バイオリンの三上亮先生、チェロの丸山泰雄先生をお迎えしてのワークショップでした。

■前半のビゼーの分奏を終えて、休憩後に、オーケストラ講座として「人前で演奏するということとは」をテーマに、ゲストトレーナーの三上先生と丸山先生にそれぞれ楽器を始めたきっかけ、楽器を続けてきて良かったこと、大変だったこと、プロになったきっかけ、今後の方向性などをお話しいただきました。

■最初に三上先生のお話があり、それに続いてバッハの無伴奏ソナタを演奏してくださいました。
 【三上先生のお話】

 【三上先生の演奏】


■続いて丸山先生のお話しでした。なんと高校生から楽器を始められて、そのまま芸大に入られたという経歴に、メンバーよりも指導陣が驚いていました。
【丸山先生のお話】

 【丸山先生の演奏】

■先生方のご講演と演奏終了後には、子供たちから質問コーナーがあり、時間いっぱいまで様々な質問がされましたが、お二方ともご丁寧に答えてくださり、今後の子供たちの楽器演奏に対する大きなモチベーションの助けになりそうです。

♪♪♪


 ■その後は、長田先生の合奏となりましたが、ゲストトレーナーのお二方も、一緒に合奏に加わってくださいました。

三上先生はコンサートマスター、そして丸山先生はチェロメンバーの二人の間に座っていただくという子供たちにとっては信じられない環境で貴重な体験をすることができました。




■コンサートマスター席に三上先生が座って演奏されるだけで、ジュニアオーケストラの音楽が変わることにびっくり。「コンマスは第二の指揮者」をまさに実践してくださいました。

また丸山先生も、随所で的確なアドバイスをくださり、時には口頭で、時には楽器を弾きながら説明してくださいました。

■トッププロの先生方との共演!という貴重な機会が、子供たちを成長させる大きな助けになることと思います。三上先生と丸山先生には本当に感謝いたします。先生方から、「予定が合えばいつでも指導にきますよ」との言葉もいただきましたので、次の機会までにより高いレベルで先生からご指導いただけるように、しっかり練習を積み重ねていきたいと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。